発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【知財】知財ルール見直し加速 専門部会を設置 – TPP11

【知財】知財ルール見直し加速 専門部会を設置 – TPP11

<知財ルール見直し加速 専門部会を設置 – TPP11>
日本やオーストラリアなど、離脱した米国を除く
環太平洋連携協定(TPP)署名11カ国は28日からシドニーで開く首席交渉官会合で、
合意済みの知的財産権ルールについて見直しを加速させる。

専門の作業部会を設置して本格討議に入り、
11カ国での新協定「TPP11」の早期発効に道筋を付けたい考えだ。
 
TPPの協定内容は大きく「関税」と「貿易ルール」に分けられる。
特許侵害などから企業を守る知財保護の取り決めは貿易ルールの柱の一つ。
もともと米国の要望が強く反映された分野で、TPP11では一時凍結すべきだとの意見がある。
 
シドニーでは、首席級の全体討議と並行して知財担当交渉官による作業部会を開催。
国際標準より長い「実質8年」で決着した
医薬品データの保護期間を凍結する方向で一致する見通しだ。
著作権の保護期間も見直し対象になる可能性がある。
いずれも、米国が復帰すればもとに戻す方向で検討する。

時事通信社(2017年8月26日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082600464&g=eco 


■発明の入門・基礎をメルマガにて購読へ(無料会員登録へ)
【発明大学】 無料会員メールマガジン
読者登録←「無料会員登録」+「メールマガジン購読」はこちら
解 除 ←「無料会員登録解除」+「メールマガジン廃止」はこちら
 
メールアドレス
お 名 前  
誕 生 月  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。  
※「メールアドレス」「お名前」「誕生月」の3項目は必須登録となります。
メールアドレスの変更は>>>こちらのページ<<<からお願いいたします。





近況報告