発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【特許】水に強いコンセント、中国の若き創業者が開発

【特許】水に強いコンセント、中国の若き創業者が開発

<水に強いコンセント、中国の若き創業者が開発>
電力が人々の暮らしに進出してから200年以上にわたり、
漏電や電弧放電による爆発、ショートなどの事故が時おり発生している。
中国では毎年、感電による死者が1万人を超え、
200億元(1元は約16.7円)以上の損失が生じている。
特にプールや噴水の漏電による負傷、入浴中の感電死、
子供がコンセントを触り感電といったケースが
良くみられるケースとして報告されている。成都商報が伝えた。

四川省成都市の85後(1985年生まれ)の
「創客」(アイデアを現実に変える人)である周剛氏が立ち上げた
阿爾剛雷科技有限公司が水に強いコンセントを開発。
年内にも生産開始を予定している。
周氏自ら開発したFS(Fence out Something)絶縁・通電技術は、
従来のむき出しの電気接続技術の「漏電、ショート、電弧」という
3大安全難題を解消し、絶縁しながら通電させることを実現した。

絶縁・通電技術は2012年に国家特許証書を取得し、
米日韓豪など95カ国で特許を取得した。
同社の工場はすでに竣工しており、生産ラインを敷設中だ。
年末にも、試験稼働・生産を開始する。
周氏は、「第1陣の受注だけでも5000万元以上に達している。
国内外の多くの有名企業が、当社と事業提携の交渉を始めている」と話した。

Record China(2017年9月14日)
http://www.recordchina.co.jp/b190652-s10-c20.html 


■発明の入門・基礎をメルマガにて購読へ(無料会員登録へ)
【発明大学】 無料会員メールマガジン
読者登録←「無料会員登録」+「メールマガジン購読」はこちら
解 除 ←「無料会員登録解除」+「メールマガジン廃止」はこちら
 
メールアドレス
お 名 前  
誕 生 月  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。  
※「メールアドレス」「お名前」「誕生月」の3項目は必須登録となります。
メールアドレスの変更は>>>こちらのページ<<<からお願いいたします。





近況報告