発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【商標】歴代のパンダ 名前はどう付けられた?

【商標】歴代のパンダ 名前はどう付けられた?

<歴代のパンダ 名前はどう付けられた?>
過去最多となる32万件を超える応募の中から
選ばれた赤ちゃんパンダの名前は25日、
「シャンシャン(香香)」に決まった。
上野の歴代パンダの名前はどのように付けられたのだろうか。

パンダの名前はシャンシャンに決まった。
「香る」の漢字を2つ並べてシャンシャン。
「香」という漢字が2つ並んでいるが、花が開く明るいイメージだという。

名前の公募には、32万2000件もの応募があったのだが、
その中で最も多かった名前がシャンシャンで5000件以上だったという。

順位は8位だったそうだが、
上位にある名前は著作権や商標登録などの関係ではじかれ、
シャンシャンになったという。名付け親がたくさんいることになる。

漢字を繰り返す名前になったが、実は先月、
小池都知事は「だいぶ頭数も増えたので繰り返しの名前ではまかなえない」
「繰り返しに必ずしようというわけではございません」と
話していたが、結局は繰り返す名前になった。

これまでの上野動物園のパンダの名前を見てみると、
「トントン(童童)」や「ユウユウ(悠悠)」、「リーリー(力力)」や
「シンシン(真真)」といった同じ漢字が繰り返されてきた。

日テレニュース(2017年9月25日)
http://www.news24.jp/articles/2017/09/25/07373521.html 


■発明の入門・基礎をメルマガにて購読へ(無料会員登録へ)
【発明大学】 無料会員メールマガジン
読者登録←「無料会員登録」+「メールマガジン購読」はこちら
解 除 ←「無料会員登録解除」+「メールマガジン廃止」はこちら
 
メールアドレス
お 名 前  
誕 生 月  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。  
※「メールアドレス」「お名前」「誕生月」の3項目は必須登録となります。
メールアドレスの変更は>>>こちらのページ<<<からお願いいたします。





近況報告