発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【発明ライフ】「知恵を絞って再利用」(会員様情報:第84号)

【発明ライフ】「知恵を絞って再利用」(会員様情報:第84号)

<知恵を絞って再利用>
どうせ廃棄されるのだから、
廃棄されるものは、材料として使えないかを考えてみませんか?
発明品の試作の材料費がかかりません。

以下のものは、2015年6月4日(木)ガイアの夜明け
【“捨てられるモノ”が画期的な商品に変わる!】で紹介された事例です。

「形が悪い・傷があるなどの理由で廃棄される野菜や、
竹細工などの需要が減ったために放置されている竹林…
素材として価値がありながら、活用されていないものが世の中にはたくさんある。
廃棄野菜と果物を使って作られたクレヨン、
放置されている竹を使って開発した青果物の鮮度保持剤。
これまで“捨てられていたモノ”に光を当て、
画期的な商品を生み出そうというベンチャー企業の取り組みを追った。」
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/smp/backnumber4/preview_20150526.html

ベンチャー企業を立ち上げるまでしないにしても、
資金が乏しい個人発明家には、
廃棄物の利用は材料費がかからず、
アイデアの試作が作れる方法です。

例えばラップの芯 何個か集めてなにか出来ないかを考えてみる
>捨てる前に!ラップの芯を使ったリメイクアイデア集
http://weboo.link/article/7260

破れたストッキングを活用してみる
>破れたストッキング活用術・動画あり・生活が便利になる裏ワザ
https://slism.net/lifehack/torn-stockings.html

>廃棄寸前の繊維をデザインやITの力で再活用する
https://www.business-summit.jp/Column/detail.php?id=1362730

私もモノを捨てる前に何かに使えないか?を考えるようにしています。
そうは言っても、モノを集めすぎると結局ゴミになってしまうので、
ほどほどにしておいた方が良いのですが。
アイデアを考える訓練としては、良い方法だと思っています。

どうせ捨てるものを再利用するわけですから
環境にもやさしいと言えるでしょう。
ご自身の仕事関係で廃棄されるもの、
家庭ごみとして出されるものの中から
もう一度使い道がないかを考えてみてはいかがでしょうか?

>素敵なリユース(再利用)生活雑貨 アイデア集 
https://matome.naver.jp/odai/2132386644210302101

できれば、見栄えの良いセンスのあるものにまでブラシュアップしましょう。
ゴミに見えてしまうような出来では、商品にはなりません。
デザイン性のよいものを考える練習にもなります。
100円ショップの商品と組み合わせるなどして、
本来の使用目的とは違う用途で使うアイデアを出してみると
面白い商品になると思います。

————————————————————————

会員様からいただいた発明情報になります。
発明大学では多くの会員様のご協力をいただきながら、
情報配信をしております(いつもありがとうございます)。







近況報告