発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【知財コラム】「弁理士による知財コラム」(粕川弁理士:第84回目)

AIと知的財産(粕川弁理士)

——————————————–
-粕川敏夫弁理士のプロフィール-
日本弁理士会 元副会長(2015年度)。粕川特許事務所代表と、
特許・商標コンサルのメキキ・クリエイツ株式会社専務取締役。
経営者のアイデアや事業を知的財産に高めるプロ。

「粕川特許事務所」:http://www.kasukawa-pat.com/
(知財に関する相談は粕川先生へ問合せください)
——————————————–

<AIと知的財産>
最近、人工知能(AI)を良く聞くようになりました。
将棋や囲碁などでもAIが活躍し名人に勝ってしまうこともあります。

AIだけでなく、ロボットによる自動化も大きく取り上げられています。
大手の銀行が、最近そろって人員削減を打ち出しています。

これも、業務をロボット化して、自動化することで、
窓口業務などでも人がいらなくなってしまうことが
一つの大きな要因だと言われています。

特許や意匠、著作権などの分野でも、将来は、
AIなどにより新たな発明や、デザイン、
著作物ができるようになると言われています。

今の法律では、そのようなことは想定していないので、
誰が権利を持つのか未だはっきりは分かりません。

しかし、これらを先取りして、単純な作業から、
複雑な作業までAIやロボットで
実現できる社会はそう遠くはないと思います。

政府もAIやFintech(フィンテック)の発明などに
力を入れると方針を示しています。

これらの発明などもいろいろと考えてみると良いと思います。


≪粕川敏夫弁理士のご紹介≫
「粕川特許事務所」:http://www.kasukawa-pat.com/ 

昭和45年:新潟県出身
平成 4年:大学在学中、弁理士試験合格(弁理士登録10387)
平成 5年:日本大学法学部法律学科卒
     :石橋特許事務所入所 弁理士登録
平成 7年:エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社 入社
     :総務部知的財産室 勤務
平成12年:東京理科大学工学部電気工学科卒
平成13年:粕川特許事務所設立 所長
     :メキキ・クリエイツ(株)取締役就任
平成20年:日本弁理士会 執行理事
平成22年:多摩美術大学非常勤講師
平成27年:日本弁理士会副会長

《企業在職中》  
平成10年:日本知的財産権協会マルチメディア・ソフトウェア委員会委員
平成11年:日本知的財産権協会特許第2委員会委員
《弁理士会》  
平成15年:日本弁理士会ソフトウェア委員会副委員長
     :日本弁理士会知的財産支援センタ第2事業部副部長
(高知県「知的財産戦略セミナー2003」を担当)
平成19年:日本弁理士会常議員
     :日本弁理士会著作権委員会委員
平成20年:日本弁理士会執行理事

《著書》
「ソフトウェア特許-ソフトウェアは特許になるか?-」
(情報処理学会Vol.39 No.05 – 008 共著)
「システム関連製品における特許侵害問題」(知財管理、共著)
「高真空スパッタによる微細孔の埋込 」(電気化学会Vol. 69. No. 10, 2001)
「デザイナー・クリエイターのための著作権マネジメント術」(オンブック出版、共著)

「粕川特許事務所」:http://www.kasukawa-pat.com/ 







近況報告