発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【商標】豊橋カレーうどん地域団体商標登録

【商標】豊橋カレーうどん地域団体商標登録

<豊橋カレーうどん地域団体商標登録>
豊橋市のご当地グルメ「豊橋カレーうどん」が、
特許庁の地域団体商標の登録を受けた。
お墨付きを得て、一般的な商品名に地域名を冠した
「地域ブランド」としてさらなる展開を図る。

豊橋商工会議所が今年4月に申請し、
10月27日付で登録された。愛知県内では16番目。

地域団体商標登録制度は、地域の農作物や伝統工芸品を「地域ブランド」として保護し、
競争力強化を通じて地域経済の活性化を支援しようと特許庁が2006年4月に導入。
登録されると、地域名と商品名を組み合わせた商標を独占的に使用できる。

豊橋カレーうどんは10年4月に販売が始まった。
自家製麺を使う▽器の底からご飯、とろろ、カレーうどんの順に入れる
▽豊橋産ウズラ卵を使う▽福神漬か壺漬、紅しょうがを添える
▽愛情を持って作る―の5条件を満たす必要がある。
現在、市内43店舗で提供され、
豊橋観光コンベンション協会によると累計販売食数は150万食に達する。

豊橋カレーうどんの開発に携わった同協会や豊橋商議所、
販売店の関係者が7日、市役所に佐原光一市長を訪ね、商標登録を報告した。
販売店でつくる「チーム華麗」の真野善和会長(玉川うどん)は
「初心に帰り、おもてなしの心で豊橋カレーうどんを提供していく」と決意を新たにした。

経済産業省中部経済産業局によると、地域団体商標の登録数は全国で約620件。
豊橋市では「豊橋筆」と「豊橋うなぎ」が登録されている。

東日新聞(2017年12月8日)
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=64722 


■発明の入門・基礎をメルマガにて購読へ(無料会員登録へ)
【発明大学】 無料会員メールマガジン
読者登録←「無料会員登録」+「メールマガジン購読」はこちら
解 除 ←「無料会員登録解除」+「メールマガジン廃止」はこちら
 
メールアドレス
お 名 前  
誕 生 月  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。  
※「メールアドレス」「お名前」「誕生月」の3項目は必須登録となります。
メールアドレスの変更は>>>こちらのページ<<<からお願いいたします。





近況報告