発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【特許】国立大学の特許出願数、2006年度をピークに減少

【特許】国立大学の特許出願数、2006年度をピークに減少

<国立大学の特許出願数、2006年度をピークに減少>
国立大学の研究者の発明に基づく特許出願数(国立大学の出願数を含む)が、2006年度の5751件をピークに、その後は右肩下がりを続けていることがわかった。文部科学技術・学術政策研究所が2017年12月12日に発表した。

1995年度(368件)から2006年までは増加していたが、12年度には4631件にまで減少している。

文部科学技術・学術政策研究所によると、2004年度に国立大学が法人化したことで、特許の出願を量産する動きがみられ、国立大学を出願人とする特許出願数のピークは2006年の4968件。それが2012年度に3949件減少した。過去5年をみても、4000件前後とほぼ横ばいで推移している。

その一方で、国立大学の研究者の発明に基づく特許出願数は、「今回、2004年度に国立大学が法人化する以前から、漸増傾向増にあったことがわかった」という。

特許出願件数が減少している背景について、同研究所はJ‐CASTニュースの取材に、「2007年度に、国立大学への特許料の免除制度がなくなったことから、特許の出願が落ち着いてきたため」と説明した。

また、国立大学の研究者の発明の特許を海外に直接出願した件数は、2012年度に1137件となり、10年前からほぼ倍増した。これには、「海外に持って行ける自信作が増加していることが考えられる」と話している。

Jcast(2017年12月12日)
https://www.j-cast.com/kaisha/2017/12/12316377.html 


■発明の入門・基礎をメルマガにて購読へ(無料会員登録へ)
【発明大学】 無料会員メールマガジン
読者登録←「無料会員登録」+「メールマガジン購読」はこちら
解 除 ←「無料会員登録解除」+「メールマガジン廃止」はこちら
 
メールアドレス
お 名 前  
誕 生 月  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。  
※「メールアドレス」「お名前」「誕生月」の3項目は必須登録となります。
メールアドレスの変更は>>>こちらのページ<<<からお願いいたします。





近況報告