発明情報や発明家情報を日々配信する発明ニュースサイト

【特許庁】B級グルメもOK 地域の名物に商標マーク

【特許庁】B級グルメもOK 地域の名物に商標マーク

<B級グルメもOK 地域の名物に商標マーク 特許庁>
特許庁は地域とその名物の名称を組み合わせて商標登録する
「地域団体商標」の新しいマークをつくった。
商標の権利を持っている団体は名産品のパッケージやチラシ、
インターネットでの広告などに活用できるようになる。
地域団体商標は例えば「横手やきそば」といった「B級グルメ」でも登録可能だ。
地域の名物のPRと模倣品や類似品の流通防止に役立ててもらう。

地域団体商標は対象の名物が一定地域で知られていると証明できれば、
関連する農業協同組合や商工会などが権利者になれる制度。
現在、「草津温泉」「一宮モーニング」などが登録されており、
商標を使いたい企業とライセンス契約を結ぶことができる。

権利者からはこれまで「商標登録された商品だと分かるマークをつくってほしい」との要望が出ていた。

日本経済新聞(2018年1月24日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26085320U8A120C1EE8000/ 


■発明の入門・基礎をメルマガにて購読へ(無料会員登録へ)
【発明大学】 無料会員メールマガジン
読者登録←「無料会員登録」+「メールマガジン購読」はこちら
解 除 ←「無料会員登録解除」+「メールマガジン廃止」はこちら
 
メールアドレス
お 名 前  
誕 生 月  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。  
※「メールアドレス」「お名前」「誕生月」の3項目は必須登録となります。
メールアドレスの変更は>>>こちらのページ<<<からお願いいたします。





近況報告